ガラスコーティングをして車を常にツヤのある状態にしましょう

おもちゃの車

下準備をしてから

笑っている女性

車を綺麗な状態にするためには、コーティング剤をボディの表面に塗布することが一番です。コーティング剤を塗布する前にボディの洗浄や下地処理をする必要がありますので、このような準備をせずに塗布してしまうと綺麗にすることはできません。車を綺麗にするためにはこの下地処理が欠かせない作業ですから注意しないといけないのです。まず最初に洗剤を使用して車の表面を洗浄して、その後に鉄粉やピッチなどのボディの汚れを鉄粉除去剤などで取り除きます。鉄粉除去剤がない場合は粘土などでも代用することができるでしょう。そして次に表面に付着している脂を取るための脱脂を行なうでしょう。脂は専用の液体洗剤を使用して脱脂を行なって、最後に使用した液剤を洗い流してからコーティング剤を表面に塗ることができます。洗浄や下地処理をしないままコーティングしてしまうと、ゴミや汚れが残ったままになってしまい見た目が悪くなってしまうでしょう。また使用した洗剤や液剤がそのままだと、コーティング剤の邪魔をしてしまうため効果は半減してしまうのです。コーティング剤を使用する前に、ガラス面やプラスチックの部分を覆っておかないとそこにも液剤がかかってしまうので気をつけてください。このような準備を行なってからコーティングを始めることができます。液剤によって施工方法が異なる場合があるため、正しい施工を行なって綺麗にコーティング剤塗るようにしないといけません。その後は自然乾燥して液剤が乾くのを待つのですが、その時に汚れや水が付着しないようにしないと液剤が落ちてしまうでしょう。